アマゾン

Amazonは、複数の商品を宣伝可能な広告ページ「Amazonストア」を検索結果に表示させるためのテストを実施している。デジタルマーケティングメディアのDIGIDAYが報じた。

Amazonの検索エンジンでは、競合商品に自社製品をぶつけることができるというのはAmazon広告の強みの一つでもある。しかし、自社製品に合致した検索ワードを設定しても、競合商品が上位に表示されることを避けられないとなると、マーケターにとっては問題だ。

DIGIDAYに対し、あるシニアマーケターはAmazonは個々のセラーをサポートしようとしているのではなく、ただカタログとベストセラー商品を売り込もうとしているだけだ、と非難している。

しかし、自社商品のみがAmazonストアが検索結果に表示され、ユーザーにクリックされれば、販売側やマーケターにとっても有利な状況が生まれるだろう。

DIGIDAYによると、新たな検索結果ページのデザインは、検索結果の下に画像とAmazonストアの名前がカルーセルで表示されたものになるとしている。