アマゾン

内のECサービスで最も集客力のあるAmazonには、個人も商品を出品することが可能で、出品者は管理画面である「Amazonセラーセントラル」にアカウントを作ることで販売 を行うことができるようになる。

商品登録から在庫管理、発送、販売データの閲覧など、出品者をサポートするAmazonセラーセントラルへの登録方法と設定を紹介する。

Amazon出品のための手続き
「大口出品」と「小口出品」プラン
Amazonの出品者となるためにはまず、Amazon.co.jpのトップページにアクセスする。下にスクロールしていくと、最下部に、Amazon全体のガイドをする画面が出てくるので、その中の「Amazonでビジネス」という項目の「Amazonで売る」をクリックする。すると、Amazon出品サービスのページに遷移する。

Amazonの出品者向けには「大口出品」と「小口出品」の2つのプランがあるが、今ではこのページの中に複数ある「さっそく始める」というボタンををクリックするとアカウント作成画面から「大口出品」に誘導されるという設計となっている。

「大口」は月額登録料として、月々4,900円がかかるが、「小口」は月額登録料は無料。ただし、商品が1点売れるごとの手数料が大口は無料なのに対し、小口は100円かかる。月間に50商品以上が売れれば、その時点で「小口」は5,000円のコストがかかるので「大口」より割高となる。

それ以外に「小口」では転売しかできず、新規出品ができない。また、「小口」ではAmazonが提供する、商品ごとの売上数、価格、アクセス数、購買率などの注文管理レポートやユーザーの購入を大きく左右するショッピングカートを利用できない。さらに、決済の種類も「大口」にくらべて限定的だ。

そうしたこともあり、Amazonでビジネスを行うためには「大口」が基本だと考えておけば良いだろう。

それでもあえて「小口」で登録したいということであれば、まずAmazonに出品したい商品がすでに登録されているかを確認するためにAmazonの検索窓から検索する。「小口」では、Amazonに登録されていない商品は出品できないからだ。検索された商品ページが登録したい商品と同じなら、商品ページの右下にある「マーケットプレイスに出品する」をクリックする。

次の「ログイン」画面で新規アカウントを作成する。

商品詳細情報の入力画面が表示されるので、商品のコンディションや在庫など必要項目を入力して、「今すぐ出品」をクリックする。

Amazonセラーセントラル アカウント登録の方法
ここからは主に「大口」のプランを選択した場合のセラーセントラルへの登録方法を説明していく。

Amazonセラーセントラルのアカウント登録には

インターネットに接続できるパソコン
電話番号
メールアドレス
売上代金振り込み用の銀行口座
クレジットカード
が必要だ。

準備ができると、[Amazon出品サービスのページ](https://services.amazon.co.jp/)で「さっそく始める」ボタンをクリックすると、Amazonセラーセントラルの出品用アカウント作成画面が表示される。

Eメールのアドレスと任意のパスワードを入力する。Gmailなどのフリーメールでも問題はなく、登録後に変更も可能だ。

ちなみにアドレスとパスワードは今後、セラーセントラルにログインする時に必要となり、Amazonからのメールもこのアドレス宛に届く。

入力が済んだら「次へ」のボタンをクリックする。

Eメールのアドレス宛に、Amazonから送られる2段階認証のためのコードを入力し「アカウントの作成」ボタンをクリックする。

次の画面では、事業所の所在地(日本)を選択し、業種を選択する。

「業種」は

国有企業(法人)
上場企業(法人)
非上場企業(法人)
チャリティ(法人)
個人
のいずれかを選択する。

NPO法人等は「チャリティ(法人)」を、個人事業主あるいは個人は「個人」を選択する。

そして氏名を入力し「同意して実行する」ボタンをクリックする。

次の画面では「個人」の場合は、まず個人情報を入力していく。

国籍、出生国を選択するとパスポート、運転免許証といった身元の証明に必要な項目が表示されるのでそのうちのひとつを選択し、番号や有効期限日、発行国を入力する。

「国民IDに記載されている名前」は選択したパスポートなどに記載されている名前を記入する。

「会社住所」は個人の場合は、自宅の住所を記載するか、事務所などがある場合はその所在地を入力する。

二段階認証のためのワンタイムパスワードが送られてくるので、SMS(ショートメッセージ)か電話かの取得方法を選択し、確認のための電話番号を入力する。そして本人確認をする際の言語を選択し、SMSの場合はメッセージで、電話の場合は音声でワンタイムパスワードがAmazonから送られてくるので、そのパスワードを入力する。

なお、電話の場合、番号は携帯でも固定電話でも可能だ。

次のページでは登録希望のマーケットプレイスを選択する。

マーケットプレイスは販売を行う市場のことで、日本のみでビジネスを行う場合は日本以外のチェックを必ず外しておく。

マーケットプレイス設定の際に、「北米」、「ヨーロッパ」のチェックボックスにチェックを入れると、Amazon.com(米国)とヨーロッパのAmazonでアカウントを作ることができるが、その場合、それぞれの国と地域に対して、個人情報を提示しなければならない。

個人情報を提示しないと、海外のアカウントが停止され、問題のある運営者に認定され、それに伴い日本のアカウントも停止されるというケースが報告されているので注意が必要だ。

また、他のマーケットプレイスを選択すると今後、別途費用が発生する可能性があることも考慮しておく必要がある。

それが終わると「次へ」ボタンをクリックする。

次の画面はクレジットカード情報の入力だ。

月額の登録料(4,900円)はこのクレジットカードで支払う。登録料を上回る売りあげがあった場合は相殺される。

売り上げから手数料を差し引かれた後の入金額が4,900円を下回ると、クレジットカードに請求される。「小口」の場合は月間登録料は不要なので支払う必要はない。

入力し終えたら「次へ」ボタンをクリックする。

表示されるのはストア情報の入力画面だ。

まずストア名を入力する。

ストア名は一度決めた後も変更が可能だ。ユーザーの認知度が低い出店直後は、変更しても大きな影響はないのでユーザーの反応や売り上げなどを見ながら変更していけば良いだろう。

次にすべての商品にUPC/EAN/JANコードが付いているかどうかを選択する。

UPCは米国の流通コードセンターが付番するコード。EANは、米国外で生産された商品に使用されるコード、JANは日本の共通商品コードだ。

取り扱う商品すべてに、いずれかのコードが付いているかが問われているのだが、日本国内で流通している一般的な商品を取り扱うのであれば、商品パッケージについているバーコードを確認して、「はい」とチェックを入れればいい。そのバーコードがJANコードだ。海外の商品を取り扱う場合も、商品パッケージにバーコードがついていることを確認して「はい」にチェックを入れる。

そのコードがない商品の出品を考えている場合は、コストはかかるが、JANコードを取得するか、Amazonに申請し審査を通過する必要がある。

(参考:製品コードがない場合の登録方法)

最後にAmazonで出品する商品メーカーかまたはブランドの所有者(あるいは代理店や代表者)かを問われるので「はい」にチェックを入れる。そして本人確認書類をアップロードする。

法人の登録も個人とほぼ同様だが、登記簿謄本を準備し必要項目を入力する。

必要事項の入力にあたって法人の登録でもパスポートあるいは運転免許証が必要となるので準備しておく。登録希望のマーケットプレイスの選択画面があるので、日本のみでの展開の場合は他のチェックははずしておく。入力が終わると、本人確認書類をアップロードする。

本人確認の書類アップロードまでが必要で、それをしなければ、アプリをダウンロードできても出品はできない。「登録はもう少しで完了です」というメッセージが来て慌てる人が多いが、本人書類のアップロードを促すものだ。確実にアップロードをするように気をつけたい。

本人確認書類のアップロード
それぞれの本人確認書類のアップロードについて個人の場合は下記の通りだ。

有効期限内の身分証明書
顔写真と署名が入ったページの、運転免許証であれば前面と背面を、それぞれ撮影した画像ファイルか原本のスキャンデータをアップロードする。スクリーンショットは不可だ。

クレジットカードや預金通帳などの取引明細
過去180日以内に発行されたクレジットカード、インターネットバンキング、預金通帳のいずれかの取引明細か残高証明書を1部用意する。

クレジットカードで郵送された利用明細は、それを撮影した画像ファイルあるいは スキャンデータをアップロードする。

こちらもスクリーンショットは不可。

ウェブの利用明細はPDFでダウンロードが可能なものに限り認められる。

CSV形式やExcelの利用明細は審査の対象外となるので注意が必要だ。

インターネットバンキングの取引明細は、過去180日以内の入出金履歴が確認できる明細をPDF形式でダウンロードして提出する。ウェブの利用明細と同様にCSV形式やExcelの利用明細は審査の対象外だ。

預金通帳の取引明細は過去180日以内の最終取引履歴が確認できるページと名前が記載されているページを撮影をした画像ファイル、またはスキャンデータで提出する。

残高証明書は、過去180日以内に発行された残高証明書を撮影をした画像またはスキャンデータを提出する。

法人の場合は、担当窓口となる人の氏名、生年月日、出生国、国籍、身分証明となるものの情報を入力。データのアップロードに関しては個人とほぼ同様だ。

個人、法人ともに、本人確認をアップロードをして送信ボタンをクリックをすると手続きは終了だ。審査の結果は、いずれの場合も約2営業日後にEメールで連絡される。

セラーセントラルの設定
出品アカウントの審査が通ると、Amazonセラーセントラルの利用が可能となる。セラーセントラルにログインし右上の「設定」をクリックし、初期設定を行う。

出品者プロフィールの入力
支払情報の入力
特定商取引法に基づく表示の編集
の初期設定が必要だ。

表示された出品者用アカウント情報画面で「出品者のプロフィール」をクリックする。

出品者の情報ページが表示されるので、必要事項を埋めていく。

店舗名はアカウント開設時に記入したものが表記されている。

変更のない場合はそのまままで、変更する場合は右隣の編集をクリックし入力、その後、送信ボタンをクリックする。

「ストアの詳細が正常に更新されました」という表示で更新の完了が確認できる。

「出品者プロフィールに戻る」をクリックする。

戻ると、「カスタマーサービス詳細」の右にある「編集」をクリックする。

カスタマーサービスの詳細画面では下記のことを行う。

カスタマーサービスのEメールを入力
店舗情報としてユーザーが見ることができるアドレスだ。Amazonの出品者としての専用のアドレスを作っておくと管理がしやすい。フリーメールでも登録が可能だ。

カスタマーサービスの電話番号を入力

ユーザーからのお問合せ対応用の電話番号。プライベートで使うものとは分けておきたい。
初期費用、月額料金、留守番電話や指定番号の着信拒否などの機能が無料のIP電話があるので「IP電話アプリ」で検索して、比較したうえで番号を取得するのが良いだろう。

カスタマーサービス返信用Eメールアドレスの入力
カスタマーサービスのEメールアドレスと同じで良い。

運営責任者名
本名を入力する。

すべてを入力したら送信ボタンをクリックする。

問題がなければ正常に更新されたことを示すページが表示される。

「出品用アカウント情報」をクリックし、表示されたページで、支払情報項目の「銀行口座情報」をクリックする。

銀行口座画面で「登録」をクリックする。

銀行口座の情報を入力する。

「銀行口座情報を設定」ボタンをクリックし、次の画面が表示されると完了だ。

「銀行口座情報が正常に削除されました」と表記されるが問題はない。

また、支払情報の入力にはクレジットカード情報の表記もあるが、アカウント開設時に入力したものから変更する場合のみ、クリックしクレジットカード情報ページで「クレジットカード情報を変更」ボタンをクリックし変更手続きをする。変更しない場合はそのままで良い。

支払いの際に設定しているクレジットカードで出店アカウント設定をした場合は、支払い設定のクレジットカード情報が表示されることもある。変更したいクレジットカードがある場合はチェックして「クレジットカード情報の設定」をクリックすれば完了、新たなカードを設定する場合は、「「新しいクレジットカード情報を追加」をクリックし、設定すれば良い。

特定商取引法に基づく表示の編集が初期設定の最後の項目だ。セラーセントラルのトップページに戻り右上の設定ボタンをクリックし、「情報・ポリシー」をクリックする。

下記の画面が表示されるので左下の「出品者情報」をクリックする。

出品者情報の内容に、

販売業者
法人は会社名、個人が店舗名と同じものを記載

お問い合わせ先電話番号
カスタマーサービスの電話番号と同じもの

所在地
事業を行う住所を入力

店舗名
Amazonセラーセントラルのアカウント登録作成の際に記入した店舗名を

それぞれ記載していく。

入力が終わったら「保存」をクリックする。変更の保存を確認したら設定は完了だ。

まとめ
Amazonでは法人だけでなく個人も出品者となり商品を販売することが可能だ
出品者となるためには、Amazonセラーセントラルへの登録が必要となる。「大口出品」と「小口出品」のプランがあるが、Amazonでビジネスをするためには「大口」が望ましい
セラーセントラルに登録し、出品アカウントの審査が通ると、Amazonセラーセントラルの利用が可能となる。初期設定をすることでビジネスを始めることができる