アマゾン

S4キャピタル傘下のデジタル制作企業MediaMonksのJouke Vuurmans氏はこのほどキャンペーンのインタビューに答え、同社が競合他社との差別化に成功しているのは「クリエイティブとプロダクションにデジタルファースト」の姿勢を貫いているからだと述べた。

2019年にグローバル・クリエイティブ責任者(CCO)に就任したVuurmans氏は業界が古い慣習に囚われていいることを指摘。「デジタルを単に伝達手段やその機会として捉えているならば、業界全体がデジタルを公正に捉えられていないと感じる」と話し、さらに「クリエイティブでのデジタルメディアは、未だ伝統的な考え方に囚われており、30秒スポットがこれを表している。」と批判した。

Vuurmans氏の役割はカスタマージャーニーに沿った全てのタッチポイントが適切に作用するような「クライアントのための一貫したブランド体験」を創造するという全てのスタッフの意見を一致させることだ。

「サイロ化した経験をつなぎ、クライアントにとって明確なストーリーの一部にすることが重要だ」