トゥルービュー広告

動画媒体の視聴者が大きく増加している中で、多くの視聴者を抱えるYouTubeは広告媒体としても非常に魅力的です。これまではリスティングに寄せて広告費を使っている方も一度YouTube広告を検討してみませんか。
と、その前にここではそのYouTubeの広告の仕組みってどうなっているか紹介いたします。

YouTube動画広告TrueView

YouTube内で扱われている広告はTrueView(以下、トゥルービュー)広告と呼ばれています。TrueView広告を活用することで現在多くの人が訪れているYouTubeに動画広告を配信出来るようになります。なおTrueView広告は他のGoogle広告同様に入札制となっており、大きな金額が無くともリッチな広告出稿が可能となっています。

さらにこのTrueView広告では訪問者の興味関心や年齢、視聴している端末毎、地域、時間帯など幅広い属性に絞り込んで配信が出来ます。ちなみに配信するためには配信用のチャンネルが必要になり、配信にはGoogle 広告アカウントを使いますのでアカウントを作成してYouTubeにもGoogle広告にも共通のアカウントを用いるのがベストです。

TrueViewの種類

TrueView広告にはいくつかの種類があり、今後も新しい広告形態が登場する可能性があります。現在の代表的な広告は次の広告になります。

TrueViewインストリーム広告

インストリーム広告は多くの人が見ている、動画が始まる前の広告、動画途中に差し込まれる広告、動画の最後に入る広告になります。ユーザーが見ようとしている他の動画の開始前5秒はプロモーション動画をユーザーに必ず見せることが出来るため、訴求効果は非常に高い広告です。配信される場所はYouTube動画再生ページあるいはGoogle動画パートナー上のウェブサイトやアプリ内になります。

TrueViewディスカバリー広告

ディスカバリー広告は何らかのキーワードで検索を行った際に検索結果画面の上部や検索結果画面上部などに自身の動画広告が目立つように表示される広告です。課金されるタイミングはサムネイルやテキストがクリックされ動画が再生された時点で費用が発生します。

TrueView広告を有効的に使うためには

TrueView広告は訪問者に印象を強く与える事が可能ですが、一方でビジュアルの強さから悪い印象を与えてしまう可能性もあります。そのため以下の事に気を付ける必要があります。

広告動画のクオリティを上げる

これは基本的なメソッドで、動画自体の質が低い場合は効果は思うように期待出来ません。特にリスティング広告などのようにキーワード設定を中心に戦略を考えると往々にしてクリエイティブの質が犠牲になりがちになるため気をつける必要があります。

クリエイティブのクオリティを高める

TrueViewインストリーム広告あるいはバンパー広告動画にはコンパニオンバナーと呼ばれる、バナーを表示されることが可能です。このバナーなどもあり合わせなどでこしらえるのではなく、それ用に作成した方が良いです。サムネイル画像の質を高めるという点は言及される事が多いですが、その他のクリエイティブも丁寧に作る事が広告の成果を高めることに繋がります。