コアウェブバイタル

Googleは28日にウェブマスターセントラルブログにてGoogleは今後、優れたユーザー体験を持つページの指標と既存のランキング指標を組み合わせた新しいランキング要素を導入することを発表した。

Googleでは優れたユーザー体験の指標として「Core Web Vitals」という指標を5月5日に前もって発表しており、この指標が従来のランキング要素と合わさり新たなランキングが決定されることになる。

この「Core Web Vitals」は現時点ではLCP(Largest Contentful Paint:ページ読み込み速度)、FIP(First Input Delay:応答性)、CLS(Cumulative Layout Shift:ページ内の視認性)の3要素によって構成され、今後指標が追加されるなど、進化していくとのこと。

なお、このアップデートによりトップストーリーに組み込まれる要素として存在していたamp要件を外して優れた高いユーザー体験を提供するページを組み込むとしている。

なお、これらの要素が実際に検索ランキングに影響を与えるようになるのは早くとも2021年からになり、開始する半年前には公式よりアナウンスがある。