MEO

Googleで何かを検索している時、特に場所などを調べる際にはGoogle Mapは非常に便利です。おそらく殆どの方が利用した事があるのではないでしょうか。
特にここ数年は位置情報などをGPSの機能を使って把握することが出来るため、目的地まで体をどの向きにすれば良いかまで確認することが出来るまでになっています。

そのGoogle Mapはもちろん検索されやすく、多くの方が利用するためGoogleの検索結果画面においても上位に表示されることが多いです。すなわち、Google Map上で目立つことが出来れば多くの訪問者が見込めるだけではなく、店舗の人々への認知を向上させることにも繋がります。結果的に現在ではSEOだけではなく、MEO(Map Engine Optimization)と呼ばれる施策まで取り組んでいる所が増加しています。

ただしこのMEO施策においては少なからず注意点もあるため、その点も踏まえてMEOについてご紹介します。

MEO対策の手法

MEO対策とは簡単に言うとGoogle Map上で自身の店舗を目立たせるための施策です。Google Mapを通じて店舗のアピールすることが狙いです。

Google Mapに店舗を掲載させるにはどうすれば良いか?

Google Mapに店舗情報を掲載するにはWebサイトなどがあれば良いのですが、無い場合でも設定は可能です。Googleマイビジネスというサイトからお店の情報などを登録します。なお、GoogleマイビジネスはGoogleが提供しているサービスのため、Googleのアカウントが必要になります。もし広告などを既に出稿しているアカウントがあればそれを利用すると管理が楽になります。

Googleマイビジネスには店舗の住所やお店の写真、またはリアルタイムにお店情報を発信することも出来ます。GoogleマイビジネスはWebサイトで行うことの補助的な使い方が一般的ですが、サイト替わりとしても使う事が可能です。他ではGoogleマイビジネスには店舗の電話番号なども掲載出来るため、予約や注文などもマイビジネス経由で発生する事も多いです。

このマイビジネスに店舗情報を掲載して公開を行うとGoogle検索結果上に反映され、例えばお店の名前などで検索をされた際にナレッジグラフに店舗情報が目立って表示される事があります(注、必ず表示されるわけではありません)

Google Map上での表示

以上でお店の情報がGoogle検索結果に表示しやすくなりました。ただし現在では多くの店舗が同様の施策を行っており、店舗情報が他の店舗の情報に押されて表示されないという事が多くあります。

例えば「御徒町 ラーメン屋」で検索をした際に目立って表示されるお店は3店舗程度で、その他の多くのラーメン屋の情報はより細かく検索をしなければ表示されない状況になっています。Google Mapからの集客を考えた場合少なくともこの3つに入らなければ大きな期待はしづらいためこのポジションを目指したい所です。

目立たせるためには

では、このGoogle Map上でお店を目立たせるためにはどうしたらよいのでしょうか。その答えとしては自身で入力できる範囲は全て入力し画像なども小まめにアップして掲載情報を新しくしておくことです。

また、自由入力項目でもある「ビジネス情報」には興味関心を訴求するためのメッセージになるため、自社のHPなどで使っている文章をそのまま転載する(ペナルティ対象のため止めましょう)のではなく、オリジナルで文章を作成し、可能であればSEO・ローカルSEOなどの情報も踏まえて作成すると良いでしょう。

なお、写真や画像にはjpegのような平面画像だけではなく、360度画像なども設定が可能であるため他との差別化のために使ってみるのも面白いと思います。

以上が対策になります。ここまで読んで思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、恣意的に情報を変えて目立たせてはダメなのかという点について、Googleでは制限事項があり、禁止行為を行うとペナルティの対象となります。ペナルティを受けてしまうとお店の表示がされないばかりか、アカウント自体が削除されてしまう危険性があります。内容は以下のリンクを参照してください。

参照:禁止および制限されているコンテンツ

ここで挙げられているような禁止行為を行うことは絶対に避ける必要があり、もし運用を代行している業者が類似するような行為を行っている(ように見受けられることも含む)場合は止めてください。

特にGoogle Mapの影響力が増すにつれてレビュー(口コミ)の評価も大きくなっていますが、ここに、なりすまして自社の良い評価を投稿する事や、他店のあらぬ噂などを書き込むような行為は、訴訟など別の問題を引き起こす危険性があるので絶対にやめましょう。